デリケートゾーン 脱毛

ワキ脱毛の次にサロンで人気なのがVIOの脱毛だって、ご存知でしたか?

 

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしさや不安から、ちょっと気後れしてしまうものですよね。
サロンではVラインまでならまだしも、Iライン、Oラインとなると恥ずかしくてためらっている方も多いはず。

 

しかし、今ではデリケートゾーンの脱毛をしている女性が急増中なのをご存知でしたか。実は現在、脱毛エステ、サロンでもパーツ別の割合ではわき脱毛の次に人気が高いのがデリケートゾーン、つまりVIOラインの脱毛なのです。

 

自分ではやりにくい、見えない、方法がよくわからない、という部分ですから、このパーツこそプロにお手入れしてもらうのが最適だというのが事実なのです。

 

 

特にサロンとの相性が大切

 

多くのサロンでは両ワキなどは特別価格を打ち出してキャンペーンをすることがありますが、同時にVゾーンもセットになっていたり、VIO単独のキャンペーン打ち出しをしていることからも人気の高さが伺えます。

 

いきなりvioなどデリケートゾーンの脱毛を任せるのが不安な時は、まずキャンペーンでよくある格安のワキ脱毛など他のパーツから試してみるのがオススメ。

 

ただし、キャンペーンの場合、実際の施術回数は不十分な場合がほとんどです。
サロンでも当然リピーターになってもらうことを意識した価格と回数の設定にしていますから、こちらも最初は「お試し」の感覚でサロンやスタッフさんとの相性を確認するつもりで行くのがおすすめ。

 

最初は誰もが抵抗感があるようですが、スタッフさんもプロですから手慣れたものです。
今までに何十人、何百人を相手にしている仕事なので、わたしたちが意識するほどむこうは気にしていない、というのが現実ですね。

 

 

VIO脱毛の流れ

 

実際のVIO脱毛では、まずVラインの形やサイズの仕上げ方がプロならではのものになります。

 

あなたがおしゃれな水着や下着を着るときにいちいち気にならないように形やサイズ、それに残すヘアーの濃さなどもしっかり相談、シミュレーションして決めます。このビキニライン決定までがいちばんのポイント。

 

そのあとの実際の施術そのものは意外なほど短時間で済みます。しかし決して1度では終わりません。毛周期という生え変わりのサイクルにあわせて数回の処理を繰り返すのが基本です。

 

アジア以外の国ではすべて脱毛してしまいツルツルにするハイジニーナ脱毛が普通になってきています。
そこまではちょっとと思う方でも下着や水着によってはみ出たりする心配がないように形を整え、毛の密度を薄くするなど対策はいろいろありますよ。

 

海やプールで水着になるときはあらかじめ意識して準備できますが、思わぬ場面で「しまった」ということもありがちな話。
日ごろからの準備がかかせない部分でもありますから、忘れないようにしておきたいですよね。

 

 

VIOラインについて

 

念のためデリケートゾーンの3つのライン、VIOラインについて簡単におさらいしておきましょう。

 

Vラインは自分の目で前から見ることが可能ですが、IラインとOラインを自分で処理しようとするとかなり大変ですよね。

 

それに、自分で剃ったり抜いたり、自宅でお手入れを続けていると色素沈着などで黒ずんできたり、ブツブツが出て目立ってきたりしがち、チクチク感や肌の弱い方なら荒れたり、かみそり負けしてしまうもの。
脱毛してしまえば、そんな自己処理によって起きてしまった肌トラブルを繰り返すことがなくなります。

 

 

夏以外もムダ毛処理をする機会は多い

 

女子旅の楽しいおでかけで海外や温泉、プールに行ったり、彼とのリラックスタイムや記念日にホテルを予約してプチ贅沢に浸ったり…意外とデリケートゾーンのムダ毛処理をする機会って多いですね。

 

処理方法に悩んでいる女性も実はたくさんいるんです。デリケートゾーンのムダ毛処理は失敗したくない部位だけにお悩みも複雑。

 

肌荒れやチクチク、埋没毛なんて絶対イヤ!でも、自己処理しづらい部位ですし、デリケートゾーンのムダ毛は意外としつこくて、きれいなツルツルに仕上げるのは難しいですね。